ダイヤモンドの情報サイト

世界で一番目と二番目に大きなピンクダイヤモンド

ダイヤモンド ピンク 世界 NO.1 NO.2 巨大 ひとつ

世界で最も大きなピンクダイヤモンドと言われているのは、「ダルヤーイェ・ヌール」という名の182カラット(36.4g)のダイヤモンドで、「光の海」という意味を持っています。

世界最大のピンクダイヤモンドの秘密

実はこのダイヤモンドは、元々は大きな1粒だったものが切断されたうちの片方だと言われています。 もう片方の断片は「ヌル・ウル・アイン」と呼ばれているピンクダイヤモンドで、こちらは60カラット(12g)。「光の眼」という意味を持つ、世界で二番目に大きなピンクダイヤモンドです。

元々は1粒のピンクダイヤモンドだった

切断される前のダイヤモンドは、インドのゴルコンダ鉱山で発見された「ディアマンタ・グランデ・テーブル」という400カラットのピンクダイヤモンドだったとされています。 「ディアマンタ・グランデ・テーブル」は2粒にカットされた後、現在のイラン周辺の国々を巡ることになります。

片割れ「ダルヤーイェ・ヌール」は、1926年にパフラヴィー朝(現在のイラン)初代皇帝のレザー・シャーの即位式で軍帽の装飾に使われました。 一方の「ヌル・ウル・アイン」は、1958年に宝石商であるハリー・ウィンストンにより、ティアラに取り付けられました。 このティアラは、パーレビ国王がファラ王妃と結婚した際に、王妃が着用したといわれています。

<< ひとつ前のページに戻る

NewTopics最新情報

2016年04月18日
3本のスプーンと交換された86カラットのダイヤモンド
オスマントルコの宝物が集められているトルコ・イス...
2016年04月14日
22億円で落札されたブルーダイヤモンド
22億円という破格の値段で落札されて話題になった...
2016年04月11日
歴史に残る人物に所有されてきた「ブリオレット・オブ・インディア」
有名なダイヤモンドには、歴史に残る人物の手を転々...

Populer Posts人気の記事

アフリカ諸国の内戦を深刻化させた「紛争ダイヤモンド」
「紛争ダイヤモンド」と呼ばれる国際問題はご存知で...
圧倒的な支配力を持ったデビアス社の仕組み
ダイヤモンド産業の世界を長年支配してきたのは、南...
「呪われた宝石」の伝説で有名な「ホープダイヤモンド」
「ホープダイヤモンド」と呼ばれるブルーダイヤモン...