ダイヤモンドの情報サイト

少年が拾った南アフリカで最初のダイヤモンド

ダイヤモンド 南アフリカ 少年 川 ユーレカ 農家 鉱物学者

南アフリカは現在、ダイヤモンドの主要な産出地として知られています。 それ以前のダイヤモンドの産出地はインドが中心で、ほかには1728年にブラジルからもダイヤモンドが産出されるようになりました。

南アフリカのダイヤモンドを発見したのは農家の少年

南アフリカで最初にダイヤモンドが見つかったのは、1867年です。 オレンジ川で遊んでいた農夫の息子が拾った光る石がダイヤモンドだったのです。その石はしばらく少年の妹の遊び道具となっていました。

少年が拾った石は、なんと21.5カラットのダイヤモンドだった

ある日、ニカルクという農夫の知人がその石に関心を持ちます。ダイヤモンドではないかと思ったのです。それに対し農夫は、ニカルクに石を無料で譲たのでした。 後に、南アフリカの鉱物学者であるゲイボン・アーサストーン博士が、この石をダイヤモンドと鑑定します。大きさは21.5カラット。「ユーレカ」と名づけられました。「我発見せり」という意味のギリシャ語です。

その後のおはなし

ニカルクはダイヤモンドを売り、売却代金の半分を農夫に渡そうとしました。しかし、農夫は代金を受け取らなかったのだそうです。 「ユーレカ」はパリの万国博覧会に展示され、その後10.73カラットにカットされて数人の手を渡り歩きました。 現在「ユーレカ」は、南アフリカのキンバリーの金鉱博物館に展示されています。

<< ひとつ前のページに戻る

NewTopics最新情報

2016年04月18日
3本のスプーンと交換された86カラットのダイヤモンド
オスマントルコの宝物が集められているトルコ・イス...
2016年04月14日
22億円で落札されたブルーダイヤモンド
22億円という破格の値段で落札されて話題になった...
2016年04月11日
歴史に残る人物に所有されてきた「ブリオレット・オブ・インディア」
有名なダイヤモンドには、歴史に残る人物の手を転々...

Populer Posts人気の記事

圧倒的な支配力を持ったデビアス社の仕組み
ダイヤモンド産業の世界を長年支配してきたのは、南...
ダイヤモンドの価値と業界をコントロールするデビアス社の戦略
ダイヤモンドの価値の高さの理由の1つに、ダイヤモ...
ダイヤモンド業界を支配し支える巨大企業デビアス社とは
ダイヤモンドが宝石のなかでも、一段と価値の高いも...