ダイヤモンドの情報サイト

22億円で落札されたブルーダイヤモンド

22億円 ブルーダイヤモンド 巨大 宝石商 ロシア 落札

22億円という破格の値段で落札されて話題になったブルーダイヤモンドがあります。 「ウィッテルスバッハ」と呼ばれる35.56カラットのブルーダイヤモンドです。

「ウィッテルスバッハ」落札したのはロンドンの宝石商

神秘的な青色のこのダイヤモンドには、 アンティークなブリリアンカットが施されています。1600年代にインドのゴルコンダの鉱山で発見されたものと言われています。 2008年にロンドンのクリスティーズで開催されたオークションで、ロンドンの宝石商・ローレンス・グラフが落札しました。

バイエルン国王の王冠を飾った青いダイヤモンド

このダイヤモンドは、1664年にスペイン国王・フィリペ4世が購入。娘のマルガリータ・テレサとローマ皇帝・レオポルト1世とが結婚する際に、このダイヤモンドを贈ったとされています。 やがてこのダイヤモンドは、ミュンヘンのウィッテルスバッハ 家の所有になりました。これにちなんでこのブルーダイヤモンドは、「ウィッテルスバッハ」と呼ばれるようになったわけです。

ウィッテルスバッハ 家の当主はバイエルン国王の称号を世襲していて、初代バイエルン国王の王冠にも「ウィッテルスバッハ」が飾られていました。 その後「ウィッテルスバッハ」は、個人コレクターの手などを転々とし、2008年のオークションで、約80年ぶりに市場に姿を現したのだそうです。

<< ひとつ前のページに戻る

NewTopics最新情報

2016年04月18日
3本のスプーンと交換された86カラットのダイヤモンド
オスマントルコの宝物が集められているトルコ・イス...
2016年04月14日
22億円で落札されたブルーダイヤモンド
22億円という破格の値段で落札されて話題になった...
2016年04月11日
歴史に残る人物に所有されてきた「ブリオレット・オブ・インディア」
有名なダイヤモンドには、歴史に残る人物の手を転々...

Populer Posts人気の記事

圧倒的な支配力を持ったデビアス社の仕組み
ダイヤモンド産業の世界を長年支配してきたのは、南...
ダイヤモンドの価値と業界をコントロールするデビアス社の戦略
ダイヤモンドの価値の高さの理由の1つに、ダイヤモ...
ダイヤモンド業界を支配し支える巨大企業デビアス社とは
ダイヤモンドが宝石のなかでも、一段と価値の高いも...