ダイヤモンドの情報サイト

3本のスプーンと交換された86カラットのダイヤモンド

ダイヤモンド 3本 スプーン 漁師 宝石商

オスマントルコの宝物が集められているトルコ・イスタンブールのトプカプ宮殿博物館に、世界的に有名なダイヤモンドが展示されています。 「スプーンのダイヤモンド」と呼ばれている86カラットのペアシェイプダイヤモンドがそれです。

「スプーンのダイヤモンド」の周囲には49個の小粒なダイヤモンドが散りばめられています。これが、トプカピ宮殿博物館では最も高価な展示物なのだそうです。

漁師が拾ったダイヤモンド

「スプーンのダイヤモンド」とは変った名前ですが、これには伝説があります。イスタンブールの漁師が海岸で光る石を拾います。数日後、漁師は町の宝石商にこの石を見せに行くのですが、宝石商には「これはガラス玉」と言われてしまいます。

宝石商は「せっかく来たのだからスプーンと交換してあげよう」ということで、漁師は光る石と引き換えに3本のスプーンを手にしたのだと言われています。この石が「スプーンのダイヤモンド」だったというわけです。

さて「スプーンのダイヤモンド」は、1774年にフランスの高官であったピゴがインドで購入しました。その後、ナポレオン1世の母親がこれを手に入れ、トルコの知事に売却します。それをトルコ政府が買い取り、「スプーンのダイヤモンド」はイスタンブールに戻ってきたというわけです。

<< ひとつ前のページに戻る

NewTopics最新情報

2016年04月18日
3本のスプーンと交換された86カラットのダイヤモンド
オスマントルコの宝物が集められているトルコ・イス...
2016年04月14日
22億円で落札されたブルーダイヤモンド
22億円という破格の値段で落札されて話題になった...
2016年04月11日
歴史に残る人物に所有されてきた「ブリオレット・オブ・インディア」
有名なダイヤモンドには、歴史に残る人物の手を転々...

Populer Posts人気の記事

圧倒的な支配力を持ったデビアス社の仕組み
ダイヤモンド産業の世界を長年支配してきたのは、南...
ダイヤモンドの価値と業界をコントロールするデビアス社の戦略
ダイヤモンドの価値の高さの理由の1つに、ダイヤモ...
ダイヤモンド業界を支配し支える巨大企業デビアス社とは
ダイヤモンドが宝石のなかでも、一段と価値の高いも...