ダイヤモンドの情報サイト

ダイヤモンド、その限りない魅力は光が織りなす芸術

多くの人がダイヤモンドに魅力を感じ、ダイヤモンドを欲しいと望んでいます。特に女性は宝石として、他の宝石にはない美しさに限りない魅力を感じています。その魅力はどこから来るのでしょうか。

魅力を感じるポイントは人それぞれかもしれませんが、もっとも人を引き付けている魅力は、人類が生物として潜在的に持つ「光」に対する本能とダイヤモンドがその「光」があるからこそ、光りがない場合に比べて、その美しさが格段に上がるからでしょう。その魅力に迫ってみます。

ダイヤモンドの魅力は究極は「美しさ」と「高い金額的な価値」

ダイヤモンドの魅力は、一般的に、「輝く美しさ」「永遠の輝き」「見る角度で異なる美しさ」「希少性による高い価値」「地球上でもっとも硬く耐久性のある宝石」などがあります。その中でも、特に「美しさ」と「高い金額的な価値」に人はひかれます。

同じ美しさ価値でもダイヤモンドに引かれる理由

ダイヤモンドだけでなく、「美しく高額な宝石」は、100種類以上もあると言われています。例えば、ルビー、エメラルド、オパール、真珠、キャッツアイ、サファイア、トパーズなど、どれもその色や輝きの美しさ、そして金額的な価値も高く魅力があります。

これらの宝石を押さえて、なお多くの人がダイヤモンドに引かれる理由とは何でしょうか? 2つの大きな理由が考えられます。

(1)生物にとっての光の重要性
暗黒の世界で生き抜いている希少生物もゼロではありませんが、一般的に生物は太陽からの光があってこそ生存できています。暗黒は人を不安や恐怖におとしいれます。一方、光は安心や希望を全ての生物に与えてくれます。なかでも、光り輝くさまは、その思いを強めてくれます。

太陽からの光は、空気と同じで存在が当然すぎて、その価値を意識しませんが、潜在的には、光は空気よりも目に見える、光りのない夜を誰もが経験することなどから、光に対して意識しなくても、その重要性を本能的に感じています。ダイヤモンド以外にも、光りを当てると美しく光り輝く宝石がありますが、光りによってダイヤモンドほど美しく輝く宝石はないと言って良いでしょう。生物にとって重要な光、しかも輝きが美しい宝石に自然にひかれるのでダイヤモンドが宝石の王様なのではないでしょうか。

(2)ダイヤモンドが見せる光りによる美しさの種類の多さ
ダイヤモンドは光による輝き方が多彩です。光り輝く様子を文章で表現するのはとても難しいですが、以下のように例えられるでしょう。これらの輝きはダイヤモンドでしか得られないでしょう。

まず「キラキラな可憐な光り」で輝きます。まるで水面が太陽光を浴びて一面光るような華やかな光り方と言えるかもしれません。

次に、もう少し強く「ギラギラと強い光り」と輝きます。心の中まで浸透してきて、生きる希望や勇気を与えてくれるような力強い輝きをじっと見つめることで感じられます。

最後に、「虹色のカラフルな光り」で輝きです。光りの周波数による色が虹のように分解されて輝きます。これらが、複雑に絡み合って見える美しさはダイヤモンドならではの美しさです。

これら2つの理由ではダイヤモンドの魅力は宝石の中で最高と言えるのではないでしょうか。そしてその結果、ダイヤモンドに多くの人が魅了されます。

<< ひとつ前のページに戻る

NewTopics最新情報

2016年04月18日
3本のスプーンと交換された86カラットのダイヤモンド
オスマントルコの宝物が集められているトルコ・イス...
2016年04月14日
22億円で落札されたブルーダイヤモンド
22億円という破格の値段で落札されて話題になった...
2016年04月11日
歴史に残る人物に所有されてきた「ブリオレット・オブ・インディア」
有名なダイヤモンドには、歴史に残る人物の手を転々...

Populer Posts人気の記事

宝石の王様 ダイヤモンドができるまで
ダイヤモンドの誕生 ダイヤモンドの生成に関して...
世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」
世界最大のダイヤモンド原石は、1905年に南アフ...
アフリカ諸国の内戦を深刻化させた「紛争ダイヤモンド」
「紛争ダイヤモンド」と呼ばれる国際問題はご存知で...