エルメスのロゴに託されたメッセージとは

エルメスのロゴに託されたメッセージとは

エルメスのロゴの始まり

エルメスのロゴになっているデザインといえば、馬車。 四輪馬車と従者が描かれています。
このデザインは19世紀末のフランスの画家であるアルフレッド・ドゥ・ドルーの絵画から始まっています。 馬車を活用していた当時の日常的なシーンが描かれたものです。
1945年、第二次世界大戦が終わり、このデザインがエルメスの商標として正式に登録されました。

ロゴから見えるメッセージ

四輪馬車と従者が描かれているエルメスのロゴにはエルメスの馬に対する こだわりだけでなく、顧客に対してのメッセージが込められています。
「エルメスは最高の品物をご用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です。」
主人が自分自身で御すタイプの馬車のデザインのロゴにはこのようなメッセージが込められていたのです。 エルメスは最高品質の製品を世に送り出していきますが、顧客それぞれが自分らしいスタイルで使いこなすことで製品が生きるというメッセージが込められています。

素材によって異なる刻印

エルメスのロゴ刻印の近くには、素材印が刻印されています。 バーキンやケリーなどで爬虫類系の革を使った場合に記される「素材刻印」です。 この刻印の模様は素材によって異なり、
クロコダイル・ポロサスには “V”文字を逆さにした山形であり、
クロコダイル・ニロティカスには“‥”が使用され、
クロコダイル・アリゲーターは“□”、リザードには “-”。

そして、素材や色の配色、配置から金具等まですべてカスタマイズで出来上がった製品のスペシャルオーダー(パーソナルオーダー)には馬の蹄が描かれています。 さらに、エルメス関係者や上顧客のためだけに作られた製品であり、言宮の職人が作ったという証の製品には、スターマークという流れ星が描かれており、 スターマークの製品は希少価値があると言われています